PAGE TOP

退院しました!

脳出血で倒れてから3か月半。 
ご心配をおかけしておりましたが、
昨日、リハビリ病院を退院しました。 

 

自宅まで15分の道のりを、杖をつきながら30分歩いて帰宅しました。 
それだけでクタクタ(笑)   
右半身が使えないと出来ないことがたくさんあるけど、
少しずつ活動範囲を広げていきたいと思います。 

夕食に「山廃 三芳菊」で祝杯 ! 

 

食事制限があるので、ぐい呑みに一杯だけ^^; 
美味しい !
3か月半ぶりの日本酒が、心と身体に
沁み渡りました(涙) 

これからが日々の生活の中での
本当のリハビリ。 頑張ります‼︎
[ 2017/09/15 14:05 ] その他 | TB(-) | CM(0)

退院日 決定

ご心配をおかけてしておりますが、9月14日に退院の予定となりました。
右半身の麻痺や強張りはまだだいぶあります。手先の動きもまだまだ。 
でも、歩行に関しては、杖があれば、休みながらではありますが、
少し歩けるようになりました。  
遅くても自分の脚で歩けるのは、とても幸せなことです。 

先日、自宅に一泊したのですが、出来ないことが多いのでびっくり(笑)  
退院してからがリハビリの本番になりそうです。 
まずは自宅や周辺に慣れて、少しずつ行動範囲を広げていきたいと思います。 

(自宅庭の薔薇🌹アンジェラを切り花に)
[ 2017/08/26 16:14 ] その他 | TB(-) | CM(-)

日常(リハビリ病院)

友人Sくんのリクエストに応えて
リハビリ病院内の写真です。
ただし、リハビリの写真はなし。
写真を撮っている余裕がないので^^;
食事はなかなか美味しいです^_^





  
[ 2017/07/09 07:46 ] その他 | TB(-) | CM(-)

リハビリ病院 住めば都

リハビリ病院に転院して18日。
右半身に麻痺と鉛のような重さを感じるものの、失語や痛みがないのでラッキーでした。 
リハビリは一歩ずつですが、良い方向に向かっているような気がします。
この病院は自宅から徒歩20分。
退院の時は歩いて帰るのが目標です。
写真は病室を写したもの。
二人部屋の窓側です。快適な環境でリハビリに専念できます。
[ 2017/07/03 16:22 ] その他 | TB(-) | CM(-)

しばらくお休みします

2017.5.29に、脳出血を起こして、救急搬送されました。
左視床出血という診断で、右半身が麻痺しました。
利き手側の麻痺なので、とても不便です。
左視床出血によくある言葉を失うのは免れました。
6日ほど前に、リハビリ病院に転院しました。
また町歩きが出来るように、リハビリを頑張ります!!
[ 2017/06/21 11:24 ] その他 | TB(-) | CM(-)

横浜イングリッシュガーデン


ベトナム旅行記はお休みして、
先週行った「横浜イングリッシュガーデン」の写真です。

花壇に整然と並ぶ薔薇ではなく、小道をたどっていく両側に薔薇が咲き乱れていました。
白い薔薇のエリアからアーチをくぐると赤い薔薇のエリアへ…というように、
回遊式の庭なのです。

つる薔薇も樹木に自然に巻き付いています。

いままで見た薔薇園で間違いなく上位です。
 
  横浜イングリッシュガーデン HP

s-01_20170525180832e10.jpg 

s-02_20170525180833fca.jpg 

s-03_20170525180833d92.jpg 

s-P1000760.jpg 

s-P1000759.jpg 

s-P1000739.jpg 

s-P1000785.jpg

s-P1000783.jpg 

s-P1000782.jpg 

s-P1000781.jpg 

s-P1000767.jpg 

s-P1000761.jpg 

s-P1000805.jpg 

 

s-P1000801.jpg 

s-P1000797.jpg 

s-P1000795.jpg 

s-P1000791.jpg 

s-P1000787.jpg 


[ 2017/05/25 18:14 ] 植物・動物 | TB(-) | CM(-)

ベトナム(ホーチミン市) 旅行記 7

(2017.4.8撮影)

ベトナム旅行記は不定期に延々と続きます。
他の記事を入れながら続けていきたいと思います。


サイゴン2日目「メコンデルタ・ツアー」


ベトナムのメコン川には、あちこちに中州が点在している。
ほとんど金持ちが果樹園などを経営しているようだ。

そうした中洲の一つ、ザボン栽培の島でランチタイム。

1 

いたるところ "ざぼん" だらけ

2 

屋根付きの涼し気な食堂でランチ。
日本人の僕ら二人だけ、席が離れている… どうして ??

3 

どうやら食事の内容が違うらしい。
ツアー代金も違うのかな。

なんか凄いのが出てきた(^^;
象耳魚(エレファントフィッシュ) の唐揚げ

4 

身をほぐしてライスペーパーにくるんで食べるのだが、
これが見た目と違ってさっぱりと美味しい。
うん、この淡白な味は西洋人には分からないかも。

05 

暑さでビールを飲むとぐったりしそうなので、
ココナッツジュースを注文した。

06 

ココナッツジュース、生ぬるくて少し生臭い
ビ、ビール… いや土地のものを食せねば。

07 


僕たちだけの添乗員兼通訳の "ドゥクさん"
観光ガイドによく紹介されていて有名人なのだ。

08 

果樹園の子

09 

果樹園の子

10 


続いて"ベンチェー"という地域。
ココナッツの産地。

11 

どうやって移動したか記憶がない。
ランチしたところはすでにベンチェーのエリアだったのか?

調べてみたら、このあたりはベトナム戦争で枯葉剤の被害を受けた地域のひとつで、
女性部隊が米軍と戦ったことでも知られている。


ココナッツ・キャンディ、蜂蜜、蛇、フルーツ試食、民族音楽というのがお約束。

12 

13 

14 


次回はいよいよ、手漕ぎボートでジャングルクルーズ。

続く

[ 2017/05/21 11:48 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)

ベトナム(ホーチミン市) 旅行記 6


(2017.4.8撮影)

サイゴン2日目「メコンデルタ・ツアー」

永長寺を後にしてすぐ、メコン川が見えてくる。
ミトーの船着場から、ボートに乗船し、いよいよメコン川クルーズだ。

01 

こんな感じのボートに乗る。

02 

03 

日本人は僕ら二人だけ。
船内に、英語、中国語、韓国語、ベトナム語などが飛び交う。

04 

日本語は二人の専属ガイドのドゥクさんの声だけ。
僕ら二人は小さな声で遠慮がちに… 

05 


廃材を運んでいるのか、よく沈まないものだと感心していたら
ドゥクさんが「あっ、転覆した!」

06 

どうやら遠くの別の船がひっくり返ったらしい。
我々の船が沈まないのを祈るばかり。

07 

メコン川は中州があちこちに点在している。
上流から流れてきた栄養豊かな土砂が堆積しているので
果物などの栽培に最適らしい。

08 

金持ちが中州を買い取って果樹園などをやっているのだ。
まさに "エジプトはナイルのたまもの" ならぬ
"メコンのたまもの" なのだ。

09 


そんな中州の果樹園のひとつに上陸する。

10 

続く



[ 2017/05/17 22:31 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)