PAGE TOP

ベトナム(ホーチミン市) 旅行記 10



(2017.4.8撮影)


まだサイゴン2日目の記事。

Fresh Restaurant & Cafe で バインミーを食べた後、何処かに飲みに行くことにした。
ここでまたМくんから提案。
「有名なマジェスティックというホテルのバーに行ってみたい」


Hotel Majestic Saigon

http://majesticsaigon.com/ja/


サイゴン川を見渡せる コロニアル様式の歴史的建造物(1920年代築)を利用した5つ星の高級ホテル。
日本の皇室など各国の要人、セレブの御用達。

「Gパンにシャツで大丈夫かなぁ」と及び腰のtake
「昔から行って見たかったんだ。日本人は信用されているから大丈夫だよ」
と、サンダル履きのMくん。

ま、ダメ元で行ってみようか。

おお!
いいなぁ! ワクワクします!





翻訳アプリでクロークにベトナム語で「バーは何階ですか?」
.... 通じない ^_^;

高層階行きエレベーターが探せず、高級なホテルに似合わない服装の2人がウロウロ。
何とかたどり着く。

Mbar !




服装を咎められることもなく無事にテラス席へ。







注文は迷うことなく「ミスサイゴン カクテル」




ここで、takeと Mくんが敬愛する作家の「沢木耕太郎」氏が、ベトナムを南から北へ縦断する旅行記
『一号線を北上せよ』の中からマジェスティックホテルの部分を引用させていただく。

ーーーーーーーー

“ シャワーを浴びるとまた屋上のテラスバーに行った。軽く一杯飲みたくなったのだ。
通りすがりにカウンターの奥にいたバーテンに訊くと、このバーには「ブリーズ・スカイバー」という名前が
ついているのだという。ブリーズは、BREEZE、そよ風の意なのだろう。
席は前日と同じくオープン・エアーのサイゴン河を見下ろせるところに坐った。何を呑もうか考えていると、
ボーイが持ってきてくれたメニューの中に、「ミス・サイゴン」という名のカクテルがあるのが眼に留まった。”

“ スピリッツにライムを絞り込み、甘みを加えるために何らかのリキュールを数滴たらしたものだった。
しかし、そのリキュールが何なのかは、私の粗雑な舌では識別できなかった。”

 ーーーーーーー 沢木耕太郎 著 『一号線を北上せよ』より


バーの名前が「ブリーズ・スカイバー」ではないが気にしない。
(ブリーズ…は5階、Mbarは8階)

男2人でカクテル(笑)




そんなことより見える夜景が凄い!




「ミスサイゴン」の心地良い酔いのうちに
サイゴン2日目の夜は更けゆくのだった。



続く



[ 2017/10/16 20:04 ] 旅行 | TB(-) | CM(4)

ベトナム(ホーチミン市) 旅行記 9


(2017.4.8撮影)

まだサイゴン2日目の記事。
ジャングルクルーズからの帰りのバスで爆睡しながら戻ってきた。

さて、今夜は何を食べようか。
Мくん「バインミーというバケットに挟んだサンドイッチがあるらしい」
ネットでチェックしたりしたが、これぞという店が探せない。

ホテルの近くをウロウロして、あるレストランの入り口においてあった
メニューにそれらしき写真が。


Fresh Restaurant & Cafe

01

02


ホテルから近いし、遅くまでやっていそうだし。
それに感じの良い雰囲気。

03

04


あの、おねーさん、すみません。
Do you have a banh mi?
Sure !^ ^

05


まずはビール!
今夜は「SAIGON Special」

01


それにしても、かわいい (°▽°)
名前は「Dungユンさん」

06

この店には、3日連続で通うことになる(笑)


あ、忘れてた。
バインミー、美味しい!

07

08


2日目はまだまだ終わらない。
夜はまだ これからなのだ!

続く

[ 2017/10/07 10:54 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

ベトナム(ホーチミン市) 旅行記 8


(2017.4.8撮影)


お待たせしました!
ベトナム旅行記の再開です。 というか、それしかネタがない(笑)



サイゴン2日目「メコンデルタ・ツアー」


さて、前回は、ココナッツ・キャンディ、蜂蜜、蛇… 定番のコースを
体験したところまででしたね。
いよいよ手漕ぎボートでジャングルクルーズだ !


向こうの葉陰から楽しそうな声が流れてきた

01 

矢切の渡し…いや発着所

02 

ほんとに渡しの船頭さんのよう

03 

菅笠を被るようにと渡されるが、takeは坊主頭(^^;
素肌にガリガリと擦れて痛いのだ。

04 

船は生い茂るニッパ椰子の間を音もなく滑っていく

05 

朽ち果てた? 船

06 

青い空 白い雲 椰子の葉 あるのはそれだけ
至福の時間がゆったりと流れている

07 

かなり暑いはずだけど、水面には涼やかな風が吹き抜けていく

08 

09 

船頭小唄もなく黙々と漕いでいく

10 

降り注ぐ陽光、空の青、椰子の緑、ボートを漕ぐ櫓の音
単調なのだが、なんと贅沢な時間なのか !!

11 

12 

13 


さて、ホーチミンに戻って、今夜のベトナム料理は何にしようか

14 


続く


[ 2017/09/25 22:32 ] 旅行 | TB(-) | CM(2)

ベトナム(ホーチミン市) 旅行記 7

(2017.4.8撮影)

ベトナム旅行記は不定期に延々と続きます。
他の記事を入れながら続けていきたいと思います。


サイゴン2日目「メコンデルタ・ツアー」


ベトナムのメコン川には、あちこちに中州が点在している。
ほとんど金持ちが果樹園などを経営しているようだ。

そうした中洲の一つ、ザボン栽培の島でランチタイム。

1 

いたるところ "ざぼん" だらけ

2 

屋根付きの涼し気な食堂でランチ。
日本人の僕ら二人だけ、席が離れている… どうして ??

3 

どうやら食事の内容が違うらしい。
ツアー代金も違うのかな。

なんか凄いのが出てきた(^^;
象耳魚(エレファントフィッシュ) の唐揚げ

4 

身をほぐしてライスペーパーにくるんで食べるのだが、
これが見た目と違ってさっぱりと美味しい。
うん、この淡白な味は西洋人には分からないかも。

05 

暑さでビールを飲むとぐったりしそうなので、
ココナッツジュースを注文した。

06 

ココナッツジュース、生ぬるくて少し生臭い
ビ、ビール… いや土地のものを食せねば。

07 


僕たちだけの添乗員兼通訳の "ドゥクさん"
観光ガイドによく紹介されていて有名人なのだ。

08 

果樹園の子

09 

果樹園の子

10 


続いて"ベンチェー"という地域。
ココナッツの産地。

11 

どうやって移動したか記憶がない。
ランチしたところはすでにベンチェーのエリアだったのか?

調べてみたら、このあたりはベトナム戦争で枯葉剤の被害を受けた地域のひとつで、
女性部隊が米軍と戦ったことでも知られている。


ココナッツ・キャンディ、蜂蜜、蛇、フルーツ試食、民族音楽というのがお約束。

12 

13 

14 


次回はいよいよ、手漕ぎボートでジャングルクルーズ。

続く

[ 2017/05/21 11:48 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)

ベトナム(ホーチミン市) 旅行記 6


(2017.4.8撮影)

サイゴン2日目「メコンデルタ・ツアー」

永長寺を後にしてすぐ、メコン川が見えてくる。
ミトーの船着場から、ボートに乗船し、いよいよメコン川クルーズだ。

01 

こんな感じのボートに乗る。

02 

03 

日本人は僕ら二人だけ。
船内に、英語、中国語、韓国語、ベトナム語などが飛び交う。

04 

日本語は二人の専属ガイドのドゥクさんの声だけ。
僕ら二人は小さな声で遠慮がちに… 

05 


廃材を運んでいるのか、よく沈まないものだと感心していたら
ドゥクさんが「あっ、転覆した!」

06 

どうやら遠くの別の船がひっくり返ったらしい。
我々の船が沈まないのを祈るばかり。

07 

メコン川は中州があちこちに点在している。
上流から流れてきた栄養豊かな土砂が堆積しているので
果物などの栽培に最適らしい。

08 

金持ちが中州を買い取って果樹園などをやっているのだ。
まさに "エジプトはナイルのたまもの" ならぬ
"メコンのたまもの" なのだ。

09 


そんな中州の果樹園のひとつに上陸する。

10 

続く



[ 2017/05/17 22:31 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)