FC2ブログ

PAGE TOP

奈良の旅 5


最終回は「ならまち」のカフェです。

「ならまち」は約1200年前の都「平城京」の道筋が元になっています。
世界遺産「元興寺」の境内周辺には、江戸時代以降の古い町屋が建ち並んでいます。
風情のある街並みに、飲食店や雑貨店、そしてギャラリーなどが点在しています。

s-IMG_0748 


基本的には住宅街で範囲が広いので、観光地にありがちな、
お土産ストリートではありません。
人が住んでいるのです。

s-IMG_0739 


路地を歩きながら、感じの良いお店を探すのも楽しい。
これ以上観光地化しないといいなあと個人的には思っています。

s-IMG_0752 

とある路地に入ってみると、なにやら干し柿が… 
「garagaradon」という感じのよさげなカフェがありました。

s-IMG_0753 


オーナーさんの自宅だった家を改装して9月にオープンしたばかり。
お店を任されている女性曰く、
「まだメニューがなくて、というより、ランチとコーヒー・紅茶くらいしかなくて」

その方は喫茶店経験があるそうで、コーヒーのお味は最高でした!
懐かしの岩波少年文庫に囲まれて、マッタリとした時間を過ごしました。

s-IMG_0757 


今回、奈良2泊3日の旅で、とりあえず旅はできる、と分かったのでうれしかった。
ただ、タクシーなど車を使わないと現地で移動が出来ない。
疲れたら座れないと歩けなくなるので、喫茶店かベンチが必須。
山道などの高低差や凸凹道は危険。
荷物が持てず、傘がさせず…など、介助が必要な場面も多く、一人旅は無理。
かと言って、ツアーの団体行動は絶対無理。

ピンポイントでのんびり、まったり。
近場の温泉一泊旅行くらいが安全かな、と思いました。

体力と筋力、そして気力と好奇心を落とさないことが一番大事ですね。




[ 2018/11/25 09:54 ] 旅行 | TB(-) | CM(6)

奈良の旅 4


さて、世界遺産の春日大社です。

一の鳥居までタクシーで乗り入れて、あとは凸凹した坂道と石段を
杖をつきながら慎重に歩きます。 ちょっと怖い^^;

さっそく神様のお使いである鹿さんのお出迎え

s-IMG_0723 


檜皮屋根の本殿

s-IMG_0724 

参拝して、御守りを買ったりしていると、なにやら本殿から… ?

s-IMG_0725 


神主さんや巫女さんの行列が!

s-IMG_0731 

「朝拝」が毎日9時から行われているようですが、もう11時近く。
若宮神社など境内の各神社をまわるのかな?

s-IMG_0735 


下り階段をビビりながらも無事に降りて、一の鳥居に戻り、
市内バスで興福寺に向かいます。

途中、ある建物の周りにすごい行列が見えます。
「正倉院展」… 見てみたいけど、とても無理!

奈良公園のベンチで「柿の葉寿司」で腹ごしらえ。

s-IMG_0741 


興福寺では、落慶した中金堂の一般公開が開始されたばかり。
御本尊の釈迦如来像も拝顔したいけど、混んでそうだし、右半身の強張りも (^^;
でも頑張って、国宝館で、大好きな「阿修羅像」だけは拝んできます。

s-IMG_0743 
阿修羅像を拝顔するのは、3回目。
何回見てもいいなあ。

s-IMG_0744 

早めに戻った奈良ホテルで夕食まで、のんびり過ごします。
夕食後、お風呂に入ったら、どっと疲れが出てきました。
残念ながら、今夜はカクテルはなし。

次回は最終回。
「ならまち」の小さなカフェです。




[ 2018/11/18 09:54 ] 旅行 | TB(-) | CM(6)

奈良の旅 3


2日目の朝、朝食の前に奈良ホテルの「大階段」を上ってみます。

s-IMG_0713 

吹き抜けで見晴らしが良いです。

s-IMG_0712 


さて、お楽しみの朝食。
和洋あるけど、僕は朝はパン派なので、洋食です。

サラダを頼むつもりが、間違えて「オートミール」を注文…
これは朝から満腹になりそう(^^;

s-IMG_0682 


プレーンオムレツにベーコン (涎)
カリカリよりしっとりしたベーコンのほうが好きな
僕の好みを知っているがごとし。

s-IMG_0686 


そして "メイン"  の登場です。
奈良ホテルの朝食といえば、和の「茶粥」と、洋の「フレンチトースト」
メープルシロップをたっぷりかけて。

僕がいままで食べたフレンチトーストの中で、間違いなく ”第1位” !!

s-IMG_0687 


因みに、これは次の朝に食べたホットケーキ。
とても美味しかったけど、フレンチトーストの衝撃には敵いません!

s-IMG_0687_2 


腹一杯で動けません(笑)

s-IMG_0714 


さて、タクシーを呼んでもらって「春日大社」に向います。
きょうはいい天気で気持ちがいい。

s-IMG_0715


続く
[ 2018/11/14 13:28 ] 旅行 | TB(-) | CM(4)

奈良への旅 2


奈良市街地だけの旅 2回目は、奈良ホテルの夕食(笑)
なんと言っても、あちこち歩きまわれないので、
ごく狭い範囲なのはお許しを。

夕食前にソファーでまったり。
本館1Fのサロン「桜の間」にある「平成の大時計」
とても美しい音色でした。

s-IMG_0649 

ホテルの説明文によると…
 天皇陛下のご即位を祝して、「桜の間」に置かれたものです。
 天皇陛下・皇后陛下ご来館の際(平成2年12月1日)、この場所にお立ち寄りになられ
「伝統の奈良ホテルにふさわしい置物」とのお言葉を賜りました。
 皇后陛下には15分毎に流れるメロディを特にお気に召され、ホテルご出発の朝、
 わざわざお聴きに来られるという出来事もありました。ドイツ・ウルゴス社製。


フロント奥の大階段
足が疲れているので、明日の朝に上ってみよう。

s-IMG_0655 

洋装の貴婦人が下りてきそう。

ところで、明治42年創業の奈良ホテルは、あの「辰野金吾」の設計でした。
僕の大好きな建築家。ジョサイア・コンドルの門下生。 東京駅の設計で有名です。


さて、夕食 !
メインダイニングルーム「三笠の間」でフレンチのフルコース。

下の写真1枚は「奈良ホテル」HPからの借り物

s-rest1sl1a 


銘柄は忘れましたが、本物のシャンパン(^^♪

s-IMG_0672 

このあと出てきた、ホワイトアスパラのポタージュスープが絶品!
絵ずらが地味なので写真は割愛しましたが…


次がすごいですよ(笑)
仔牛フィレ肉のソテー、タルトに詰めた鴨フォアグラのリ・ド・ボー添え?
鴨フォアグラムース入りマデール・ソース

右手が動かないと伝えて、お肉はカットしてもらいました。

s-IMG_0676 

何かよくわかりませんが(^^; 要はとても美味しい!
赤ワインが味を一層引き立てます。
左上にちょこっと写っている、家人が頼んだ「仔羊の背肉ロースト」も絶品でした。


s-IMG_0678 

あ~お腹いっぱい (^^♪


部屋でくつろいだあと、バーに行ってみます。
実はこの時すでに体力と筋力の限界でしたが、意地汚さと好奇心が勝り…
(翌日の夜はバーに行く体力・気力なしでした)

s-IMG_0681 

僕は大好きなカクテル、ダイキリ。

明日の朝食も楽しみです。
続く


[ 2018/11/09 10:10 ] 旅行 | TB(-) | CM(4)

奈良への旅 1


10月31日から2泊3日で奈良に行ってきました。
もちろん同行者にサポートしてもらっての旅です。
3回ほどに分けてアップしたいと思います。

少しずつ強張りが強くなっていく中で多少の不安はありましたが、
果たして電車での旅はできるのか、どのくらい歩けるのか。
(まだ歩けるうちに旅したいという気持ちも…)

旅先は大好きな奈良。人だらけの京都は避けて。
絶対に無理はせずに、移動はタクシーを使う。
荷物は同行者に持ってもらう(笑)
観光地より街なかの雰囲気を味わう。

そして、1度は泊まってみたかった「奈良ホテル」に2泊する。
という、とても贅沢な旅です。
たまにはいいでしょう(笑)


通勤で混む時間は避けて、11時発の新幹線のぞみ。
いや~、久しぶりのカツサンド&ビール。
旅行中は塩分解禁だ !

s-IMG_0633 


JR奈良駅から近鉄奈良駅まで歩いてみる。

s-IMG_0637 

さ、さむい。
風が冷たくて強張りが少し強くなってくる。
家人は全然寒くないと言う。

s-IMG_0638 

s-IMG_0640 

情けないけど、近鉄奈良駅からタクシーで奈良ホテルへ。
そう、きょうの主役は奈良ホテルなのだと自分に言い聞かせる。

次の写真だけ奈良ホテルからの借り物。

s-IMG_0641 

 奈良ホテルHP   http://www.narahotel.co.jp/


歴史を感じる重厚な雰囲気を味わいつつ部屋に向かう。

s-IMG_0642 


外の庭の木々はすでに色付きはじめている。
(2泊してどんどん濃くなっていくのが分った)

s-IMG_0643 


夕食までの間。
まったく音のしない静寂の中で、まったりと過ごす贅沢なひととき。


s-IMG_0644 

続く



[ 2018/11/07 11:53 ] 旅行 | TB(-) | CM(7)