FC2ブログ

PAGE TOP

近所のお寺の一本桜


(2019.3.28撮影)

友人と長電話した後、急に思い立って近所のお寺に。
境内の一本桜が満開のはず。

ここのお寺、ほとんど人影がない。
おかげで独占観桜会‼️

s-03 

s-04

s-05

s-06

s-07


[ 2019/03/30 10:04 ] 植物・動物 | TB(-) | CM(6)

梅薫童子


先日、近くのお寺の境内にある小さな神社の枝垂れ梅の写真を投稿しました。
その中で苔むした小さな碑の写真も載せました。何やら寂しげな感じが印象に残りました。
2つの碑には「童子」の文字があり、とても気になって調べてみました。

20190327155925b11.jpeg 


左の碑には「梅薫童子」と、宝暦2年?の正月(旧歴) 16日らしき
文字が刻まれています。
似たような碑が他の地にもあるようです。

250年以上前の2月中旬から下旬、梅の香が漂う頃に、
幼くして命を落とした童子を送ったものと思われます。

ただ、道祖神でもないのに、2体が寄り添っているのは何故なのか?
亡くなったのが2人なのか、1体はお地蔵さんなのか?  
興味は尽きません。

「知泉童子」の方は全く分かりませんが、やはり幼子の供養塔なのかなと…

ごく近所にも知らない場所、知らない歴史があるのだなぁと感じました。

[ 2019/03/27 16:01 ] まち歩き | TB(-) | CM(0)

六義園(駒込) de 庭園回遊


13日の水曜日、良い天気だったので、久しぶりに六義園に行くことにした。
駒込駅から徒歩8分、僕の場合20分。

s-02六義園 


相変わらず入口は正面口のみで、外壁をぐるりと回って着いた時には脚が…

s-01六義園 

ベンチでしばらく休んでから歩きだす。

s-04六義園 


分かっていたことだけど、やはり梅には遅く桜には早いが、暖かい陽射しが気持ちいい。
でも、日本庭園の道はトラップだらけで、転ばぬよう杖に縋っての牛歩。

s-12六義園 

s-11六義園 

s-03六義園 


途中の茶店でひと休み。

s-05六義園 

抹茶セット 600円

s-06六義園 


抹茶を喫しながら、鮮やかな緋傘と青空を撮る。

s-07六義園 


そこに突然のつむじ風 !!
大きな緋傘が折れて僕に向かって飛んできた^^; 
傘はすぐ眼と鼻の先を掠めて茶屋に激突。

僕も他の客も店員もフリーズ状態。
大丈夫かと気遣う店員に「毛がないから怪我ない」としょうもない返事をしたら、
近くの4人組に受けた(笑)

左半身も麻痺したら歩けなくなってしまうと思いつつ周遊再開。

s-09六義園 

s-08六義園 

クタクタ、ガチガチになって帰ったが、良い気分転換になったのでした。

s-10六義園 


(撮影: RICOH GR II)


[ 2019/03/15 14:25 ] 植物・動物 | TB(-) | CM(6)

近所の梅


先日あまり咲いていなかったお寺の梅が満開の頃だと思って、
出かけたついでに遠回りしてみたら、何と境内が工事中⁉︎
どうして梅の満開に合わせて工事するのかT_T

仕方なくとなりの小さな神社に行ってみたら、枝垂れ梅が咲いていた^_^
杖をつく身では背伸び・しゃがみ難いので、撮影はアイレベル中心。
左手だけでアップを撮るのは相変わらず難しい。

でも梅の花に癒され、嬉しいひとときでした。
​(Ricoh GRⅡにて撮影)

s-R0000363

s-R0000359

s-R0000355

s-R0000357


[ 2019/03/11 19:00 ] 植物・動物 | TB(-) | CM(2)