PAGE TOP

ベトナム(ホーチミン市) 旅行記 3


(2017.4.7撮影)


初日のドンコイ地区の探検はまだまだ続く。


さて、今夜の夕食はどこで食べようか。
ベトナム料理をひとつずつ食べて行こうと決めていたので、
今夜はまずは定番の「春巻き」と「フォー」を食べよう。

という訳で、見学を兼ねて夕食を食べにベンタン市場に向かった。

01 

ベンタン市場は、約1万㎡の場内に2000軒を超える店舗が並ぶ。
地元の人も通う生鮮食品エリアが賑わうのは朝方。
それ以外のエリアは、昼間に観光客で溢れるいわば「観光市場」

ここは服や布地を扱うエリア

02 

18時ころだが、(観光客で)大賑わい

03 


ここはカバンや雑貨のエリア

04 

店員から盛んに声がかかるが、あまり買いたいと思うものはない。
翌日、日帰りツアーでガイドのドゥクさんに聞いたら
「あそこはぼったくり市場だ」と言っていた(笑)

05 

果物エリア
ドライフルーツでも…と思ったが、てんこ盛りの半端ない量で諦めた。

06 

07 


さて食堂エリア。
ベトナム語の元気な呼び込みにビビリつつ、
写真付きメニューのあるカウンターを選ぶ。

日本語も英語もまったく通じず、写真を指差しなんとか注文

08 

あっ、生春巻きも揚げ春巻きも旨い !


生野菜と付け合わせ? が出てきたので、巻いて齧ってみた。

09 

ヒ~~~~!!!!!!

口から火を噴き、舌が硬直し、喉が焼け、涙と鼻水が溢れ、
頭の中が白くなって、意識が飛んだ。
隣でMくんがびっくりしている。

これはフォーの薬味で、すべて唐辛子だったのだ!

冷たいビールで冷やしても、口の中が痛くて治まらない。
せっかくの「ビーフフォー」も熱くて、痛くて口に入らない。

米粉を使ったフォーは、冷めてもあまり伸びないのが嬉しかった。

10 


市場の外に出るとすっかり暗くなっていた。
結構涼しい。東京の夏よりだいぶ過ごしやすい感じである。

11 

市場が閉まると周辺にテントの露店が出現するが、まだ組み立て中だったので
パスしてすぐ近くの商店街? に立ち寄る。
有名ブランドのズックや各種スポーツ用品が所せましと溢れている。

12 

しかし安いからと飛びついてはいけない。
すべて「パチ物」なのだ。

13 

MくんがGOATEXのタグが付いたノースフェイスのジャケットをチェック。
「 コーティングもマスキングもしていない…(^^; 」
 GOATEXのタグを信じて山などに行こうものなら… ぶるぶる

14 



続く


[ 2017/04/29 19:53 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)