FC2ブログ

PAGE TOP

「バンパイヤ」とCanonet初代後期


僕の初めて撮った写真は、漫画雑誌の別冊少年サンデー
1967年・昭和42年7月号「バンパイヤ」
(手塚治虫の1966〜7年連載の漫画)

201806280555272fc.jpeg 

1968年には、水谷豊 主演でテレビドラマ化されている。
変身シーンはアニメとの合成だった。


この漫画を父のカメラ「Canonet」で撮影した。
Canonet初代後期
発売年: 1961年(昭和36年)
発売時価格: 18,800円 

20180628054915261.jpeg 

当時、高級だったカメラが、サラリーマンにも手が出る値段で発売されベストセラーになった。
我が父も子どもたちを取るために購入したものと思われる。

レンズ交換はできないけれど、内蔵露出計による速度優先AEが可能。
レンズは45mmF1.9。レンジファインダーは2重像合致式で最短撮影距離80cm。
撮影範囲フレームと絞り値がファインダーに表示される。
シャッターボタンの外周のリングをTに合わせると、バルブロックができた。

このフイルム巻き上げトリガーの硬めの感触を覚えている。

20180628054915c68.jpeg 

僕はこのカメラを持って、小中学校の林間・臨海学校や修学旅行にも行った。

そしてある日、父が自家用車のカローラの上にポンと乗せたまま走り、そのまま行方は知れない。

銀座の外れの中古カメラ屋で見かけたことがあるので、いつか買ってみようかな。

※ 最近、写真をあまり撮っていないので、
   文章が長くなるようです ^^;


[ 2018/06/28 06:01 ] その他 | TB(-) | CM(6)

M3で世界を席巻したライカに追いつき追い越せのあの当時、
ライバルのニコンがいち早く一眼レフへ舵を切る中、キヤノンとして
レンジファインダーにこだわったある意味での名機でもあり迷機でも
あったのでしょうねー。この後、カメラの大衆化路線はオリンパスペンや
リコーオートハーフ、キヤノン・デミなどのハーフサイズ機へ一気に
向かって行きました。我が家も親父が頑固なキヤノン派でしたが
東京オリンピックの後に私が初めて買ってもらったカメラが、
オリンパスペンEEでした。
キヤノネットと同様にセレン光電池の受光部をレンズの周囲に配した独特の
外観が当時どこのメーカーでも真似していて、懐かしいですねー。
[ 2018/06/28 11:01 ] [ 編集 ]

Oyranさんへ

この時代のカメラは、おっしゃる通りライカを目標に頑張ってましたよね。
二重焦点像の上下のズレが合致したとき「よし、ピントが合ったぞ!」と思ったものです。
我が家からcanonetがなくなってからは、僕と妹の成長とともに写真を撮る機会が減ってカメラの記憶がありません。
オリンパスペンが欲しいなと思ったことはありますが、ハーフだと撮り過ぎて金がかかると思って(笑)
高校の修学旅行(1973年?)の写真が残っていますが、カメラは何だったんだろう?
「写ルンです」は80年代に入ってだし…

僕が自分のお金で初めて買ったカメラは、
シャッタースピード優先AEの canon AE-1 です。
これもなかなか良いカメラでした。

[ 2018/06/28 14:41 ] [ 編集 ]

takeさん、こんにちは!
私は、サンデーよりマガジン派でした。
チャンピオンが創刊されるとチャンピオンばかり読んでいました。
そして、少年ジャンプ・ヤングジャンプは30歳くらいまで読んでいましたね!
ところが急に読んでも面白く無くなるんですね!夢が無くなると言うことでしょうか!?

初めてのカメラはtakeさんのように覚えてはいませんが、有名国産メーカーの物でした!
めずらしく家族で出かけた昇仙峡の写真が残っています。懐かしいですね!

[ 2018/07/01 16:32 ] [ 編集 ]

中学生の頃、少年サンデー、マガジン、ジャンプと
読んでいました。自宅にあったものですから(^^;)

お父様の懐かしのカメラ
いつか手に入るといいですね。
子供の頃 我が家に昔、上からのぞくカメラがありました。
名前も分かりませんが…
姉夫婦がカメラが趣味で実家に探しに来ましたが、
不用品と見なし母が捨てていました(笑)
姉たちも良く銀座や新宿方面の中古カメラ店に行っているようです。
takeさんのブログで懐かしいことを思い出しました。
[ 2018/07/01 23:54 ] [ 編集 ]

強運おやじさんへ

僕もどちらかというとマガジン派です。
子どもがジャンプを毎週買っていたので、僕も見ていました。
今でもネットでアニメとか見てますよ。

昔の家族写真をみると、子どもは小さいし、自分は若いですね。
アルバムの昔のカラー写真は色褪せたりしていますが、
スマホのアプリで、プリントを写すと、色などを自動に直して
取り込んでくれるものがあります。
思い出のお気に入り写真はデジタル化しようと思っています。
とりあえず今回は少年サンデーの表紙の写真でした。
[ 2018/07/02 13:58 ] [ 編集 ]

ともぴーさんへ

上から覗くカメラ…おそらく二眼レフですね。
メーカーにもよりますが、けっこう高価だったと思います。
今はデジタルで直ぐに液晶、写り具合が確認できますが、
フイルムの頃はちゃんと撮れているかドキドキしたものです。
結婚披露宴の写真を頼まれると気が重くなりました。
でも、今より大事に丁寧に写したものです。
[ 2018/07/02 14:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する