FC2ブログ

PAGE TOP

奈良の旅 5


最終回は「ならまち」のカフェです。

「ならまち」は約1200年前の都「平城京」の道筋が元になっています。
世界遺産「元興寺」の境内周辺には、江戸時代以降の古い町屋が建ち並んでいます。
風情のある街並みに、飲食店や雑貨店、そしてギャラリーなどが点在しています。

s-IMG_0748 


基本的には住宅街で範囲が広いので、観光地にありがちな、
お土産ストリートではありません。
人が住んでいるのです。

s-IMG_0739 


路地を歩きながら、感じの良いお店を探すのも楽しい。
これ以上観光地化しないといいなあと個人的には思っています。

s-IMG_0752 

とある路地に入ってみると、なにやら干し柿が… 
「garagaradon」という感じのよさげなカフェがありました。

s-IMG_0753 


オーナーさんの自宅だった家を改装して9月にオープンしたばかり。
お店を任されている女性曰く、
「まだメニューがなくて、というより、ランチとコーヒー・紅茶くらいしかなくて」

その方は喫茶店経験があるそうで、コーヒーのお味は最高でした!
懐かしの岩波少年文庫に囲まれて、マッタリとした時間を過ごしました。

s-IMG_0757 


今回、奈良2泊3日の旅で、とりあえず旅はできる、と分かったのでうれしかった。
ただ、タクシーなど車を使わないと現地で移動が出来ない。
疲れたら座れないと歩けなくなるので、喫茶店かベンチが必須。
山道などの高低差や凸凹道は危険。
荷物が持てず、傘がさせず…など、介助が必要な場面も多く、一人旅は無理。
かと言って、ツアーの団体行動は絶対無理。

ピンポイントでのんびり、まったり。
近場の温泉一泊旅行くらいが安全かな、と思いました。

体力と筋力、そして気力と好奇心を落とさないことが一番大事ですね。




[ 2018/11/25 09:54 ] 旅行 | TB(-) | CM(6)

takeさんのポジティブな姿勢には、ただただ感銘いたします。
この数年、ご飯づくりと読書とゲームしかしていないデカダンス状態を
何とかしなくてはと思うのですが、ついつい易きに流されていくこの頃です。(笑)
[ 2018/11/25 11:43 ] [ 編集 ]

Oyranさんへ

僕は基本的にはネガティヴな性格です。 小さい頃のイジメの影響もどこかに残っています。
そんな自分を変えたくて、まずは小さな勇気を出して一歩進んでみようと、これまでやってきました。
職場での経験、大学からの付き合いの友人たちの影響も前向きな姿勢の醸成には大きいですね。
今回の旅も少しずつ動けなくなることへの“ 心配 ” な気持ちの反動かもしれません。

僕も友人たちも年齢的な理由か「大きな病」に。
彼らとは「明るく楽しい闘病生活」を目指そうと話しています。

僕も基本的には、読書とゲームのデカダンスな日々です(笑)
いつかひとりで、神戸にお邪魔するのが目標です。
[ 2018/11/25 12:45 ] [ 編集 ]

ならまちの街並み、とてもレトロな雰囲気は良いのですが、木造住宅と消防車も入れそうも無い
路地の狭さは、元消防団員としては気になります!江戸や京都は何度も大火災に見舞われたようですが
ならまちは大丈夫だったんでしょうね!?それで路地も狭いままなのでしょうか?
ならまちの風景、懐かしいけど住みたくはない藁葺屋根の昔の我が家のようです!!!
それにしても奈良の旅行頑張りましたね!日々の鍛錬もお忘れなく!私も授かった天命を精一杯頑張って生きて行きます!takeさんは無理せずマイペースいいのでしたね!
[ 2018/11/25 17:53 ] [ 編集 ]

強運おやじさんへ

ならまちの路地は、我が家周辺の路地より広いくらい(笑)
戦争等でせっかく焼け野原になったら、えいやっと都市計画して
災害に強いまちにすればいいのに、誰のせいだか、またなし崩しに家が密集してしまう。
そんなエリヤは耐震化も進んでいない。
熊本地震で倒壊した建物は建築基準法改正前のものばかり。
その点、江戸の町は火事でなくなるのを前提にして家を建てている。
あ、話が違う方向になってる…^^;
[ 2018/11/26 11:05 ] [ 編集 ]

奈良の風情のある街並みをゆっくり歩き
路地の素敵なカフェを見つけましたね。
この様な路地が好きです。
写真に写っていた奈良筆 田中が気になり、
検索してしまいました(^^;)

奈良路は楽しかったようですね♪
単なる観光地だけではない旅目線が新鮮でした。
今回の旅で少し自信が付いたでしょうか?
気力と好奇心を持ち続けることは大切ですね!
[ 2018/12/08 22:32 ] [ 編集 ]

ともぴーさんへ

そう言われて 奈良筆 田中 検索しました(^^♪

このカフェは ”路地に入ってみないと見つけられない”店ですね。
近所にあったらたぶん毎日行って岩波少年文庫を読んでると思います。

今回の旅で自信が付いた… というよりも、できること、できないことが
分かったのが収穫かもしれません。
無理のない範囲で小さな旅を楽しむようにしていきたいです。
[ 2018/12/09 10:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する