FC2ブログ

PAGE TOP

またまた 本の話題で恐縮です ^^;


天候不順で出かける機会(気力?) がないので、
ネットで音楽を聴いたり、アニメを見たりしています。

本は何冊か並行して読んでいます。


三浦しおんのデビュー作「格闘する者に○」と、
   地味な植物学に光をあてた「愛なき世界

20190720163703dcd.jpeg 

201907201637032ce.jpeg


宮下規久朗氏「モチーフで読む美術史
     絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、
     画期的な名画鑑賞の入門書。
     友人Kくんのご推薦。 毎日、1単元ずつ読んでいる。

20190720163703012.jpeg


永井荷風作品集 42冊分 → 1冊 (Kindle版) 99円 ‼︎
      都市散歩者、老人文学というか…  takeが敬愛する文豪 荷風の作品集。
      先日、午前4時にNHKのラジオ深夜便で、荷風研究者、評論家の川本三郎氏の話を
      聴いていて、そのままポチッと電子書籍を購入。
      膨大な量なので、時間をかけて味わいたい。

20190720163703d76.jpeg



小松左京の「青い宇宙の冒険」(Kindle版)
      中学の頃に読んですっかり小松左京のファンになった思い出のSF小説。
      電子書籍で買ってしまった。
      1970年に発行されたジュブナイル小説。小学校上級以上というが、
      その完成度は極めて高い。
      大人になった今でも、面白くて一気に読んでしまった。
      小さな地方都市の地下がドイツ、アフリカと繋がり、やがて多元宇宙の外に!

20190720163703f42.jpeg
      
# 夜の11時になると、まもるの家の下から聞こえてくる怪しい震動音! 古文書などから、
こうじが丘では、この不思議な現象が何百年も前から60年ごとにおきていたことを知った
まもるたちは、その怪現象の中心地に調査にむかう。古い子守歌どおりのねじれた松葉、
強い磁性をおびたくぎ…謎はますます深まっていく。壮大なスケールのSF冒険物語。


[ 2019/07/20 16:47 ] 小説散歩 | TB(-) | CM(2)

青空文庫がまとめて100冊200冊とKindleで破格値で買えるようになっていたんですね。
海野十三、吉川英治、コナン・ドイルなんか面白そうです。早速買ってみました。(笑)
[ 2019/07/24 15:14 ] [ 編集 ]

Oyranさんへ

旧?青空文庫関係はほとんど投げ売り状態ですね。
紙の本が売れないと知人のSF作家が嘆いていました。
海野十三、吉川英治、コナン・ドイル… いいですねー
さっそく確認してみます!
[ 2019/07/24 17:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する