FC2ブログ

PAGE TOP

北方謙三の水滸伝

北方謙三の著作に「水滸伝」という歴史小説がある(集英社文庫・全19巻)。
俗に「北方水滸伝」と称されている。

01

知人から勧められて読みだし、まだ2巻目だが、すっかりハマってしまった。
北方謙三といえばハードボイルド小説という認識しかなかったが、
最近では歴史小説で圧倒的支持を受けているらしい。

「水滸伝」は、「三国志演義」「西遊記」とともに中国3大奇書・名著のひとつ。
 いまから1000年前の中国・北宋の時代、108人のアウトローが山東省の梁山泊
 に集結して官軍に抵抗し、滅びていく物語。

02

北方版の水滸伝は、とても読みやすい文体なのでスラスラ読める。
原典とはかなり違うようだが、原典を読むつもりはないので気にしない。
登場する男たちのキャラが素晴らしい。
不運や悲劇に見舞われ懊悩しながらも義のために戦い「男の死に様、すなわち
如何に生きるか」を模索する漢(おとこ)たちの活躍に心躍る。

梁山泊の敗戦後の「楊令伝」 全15巻
官軍側の英雄の「岳飛伝」 2015年8月26日 14巻発売予定(単行本)
この他にも、全13巻の北方版「三国志」もある。
当分楽しめそうだ。

追記
 そういえば、SFでは、故・栗本薫の作品に「魔界水滸伝」(全20巻)というのがある。
 これは日本の神々が太古の邪神(クトゥルー)と戦う荒唐無稽な話だが、
 最後まで読んでいなかったのを思い出した。古本屋を探してみたい。

03
 
[ 2015/08/20 06:00 ] 小説散歩 | TB(-) | CM(-)