PAGE TOP

ベトナム(ホーチミン市) 旅行記 3


(2017.4.7撮影)


初日のドンコイ地区の探検はまだまだ続く。


さて、今夜の夕食はどこで食べようか。
ベトナム料理をひとつずつ食べて行こうと決めていたので、
今夜はまずは定番の「春巻き」と「フォー」を食べよう。

という訳で、見学を兼ねて夕食を食べにベンタン市場に向かった。

01 

ベンタン市場は、約1万㎡の場内に2000軒を超える店舗が並ぶ。
地元の人も通う生鮮食品エリアが賑わうのは朝方。
それ以外のエリアは、昼間に観光客で溢れるいわば「観光市場」

ここは服や布地を扱うエリア

02 

18時ころだが、(観光客で)大賑わい

03 


ここはカバンや雑貨のエリア

04 

店員から盛んに声がかかるが、あまり買いたいと思うものはない。
翌日、日帰りツアーでガイドのドゥクさんに聞いたら
「あそこはぼったくり市場だ」と言っていた(笑)

05 

果物エリア
ドライフルーツでも…と思ったが、てんこ盛りの半端ない量で諦めた。

06 

07 


さて食堂エリア。
ベトナム語の元気な呼び込みにビビリつつ、
写真付きメニューのあるカウンターを選ぶ。

日本語も英語もまったく通じず、写真を指差しなんとか注文

08 

あっ、生春巻きも揚げ春巻きも旨い !


生野菜と付け合わせ? が出てきたので、巻いて齧ってみた。

09 

ヒ~~~~!!!!!!

口から火を噴き、舌が硬直し、喉が焼け、涙と鼻水が溢れ、
頭の中が白くなって、意識が飛んだ。
隣でMくんがびっくりしている。

これはフォーの薬味で、すべて唐辛子だったのだ!

冷たいビールで冷やしても、口の中が痛くて治まらない。
せっかくの「ビーフフォー」も熱くて、痛くて口に入らない。

米粉を使ったフォーは、冷めてもあまり伸びないのが嬉しかった。

10 


市場の外に出るとすっかり暗くなっていた。
結構涼しい。東京の夏よりだいぶ過ごしやすい感じである。

11 

市場が閉まると周辺にテントの露店が出現するが、まだ組み立て中だったので
パスしてすぐ近くの商店街? に立ち寄る。
有名ブランドのズックや各種スポーツ用品が所せましと溢れている。

12 

しかし安いからと飛びついてはいけない。
すべて「パチ物」なのだ。

13 

MくんがGOATEXのタグが付いたノースフェイスのジャケットをチェック。
「 コーティングもマスキングもしていない…(^^; 」
 GOATEXのタグを信じて山などに行こうものなら… ぶるぶる

14 



続く


[ 2017/04/29 19:53 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)

ベトナム(ホーチミン市) 旅行記 2


(2017.4.7撮影)

初日のドンコイ地区の探検は続く。
ここで、ベトナムについての情報を整理しておきたい。

ベトナム社会主義共和国の首都は「ハノイ」
でも、最大の都市は「ホーチミン市」(旧サイゴン)

ハノイがベトナムの政治・文化の中心だとしたら、
ホーチミン市はベトナム経済の中心地である。

1 

ホーチミン市の2016年の都市圏人口は1007万人。
これは世界の都市人口第35位、ベトナム国内ではハノイより多い。

中心市街地 地図

2 


人民委員会

3 

人民委員会は、南ベトナム時代の1908年にサイゴン市役所として
建てられたフランス風の建物。
現在は市の人民委員会の庁舎で、内部は公開されていない。


サイゴン大教会_聖母マリア大教会

4 


19世紀末のフランス統治時代に建てられたレンガ造りの教会。
レンガはマルセイユから運ばれたという。

5 

教会の前ではベトナム人の新郎新婦が撮影をしているそうだが、
残念ながら、その光景にはお目にかかれなかった。
教会前のマリア像は数年前に涙を流したとして、地元のニュースで話題となったこともある。



中央郵便局
19世紀のフランス統治時代に建てられた。
内部がいい感じらしいのだが、見忘れた。

6 


これはレストラン ?
ドンコイ地区にはおしゃれな雰囲気のお店が多い。

7 


行商から買う人なんているのか ?
… と思っていたら、ちゃんといるんだ!

8 


歩道に座り込んで食事をしている人、そしてその人にケータリングしている人も見た。
裏道だと、歩道の街路樹と建物の間に、ハンモックをかけて寝ている人もいた。
当然、歩道が通れなくなるので、車道側に回ることになる。
でも、特に文句を言っている人はいなかった。


この道は一方通行

9 

でも、このバイクのおじさんが行きたい方向とは逆。
なので、歩道を逆走してくる !
しかもスマホを耳に当てながら !!

ベトナムでは歩道にいても、ぼーっと歩いてはいけないのである。


人民委員会前の広場とホーチミン像

10 

ここはライトアップされているようなので、後でまた来てみよう。

11 


続く

[ 2017/04/24 09:37 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)

ベトナム(ホーチミン市) 旅行記 1


(2017.4.7撮影)


しばらくベトナムの記事が続きます。
お付き合いくださいませ。


2017年4月7日から11日まで、ベトナムのホーチミン市(旧サイゴン)に行ってきた。
往復の飛行機とホテル(朝食付)が確保されているだけのフリープラン。
初めてのベトナム。 ひとり6万2千円の格安の旅。

さあ、おなじみ探検隊のMくんとの4泊5日の弥次喜多道中の始まりだ !


< 1日目 >

成田空港は雨模様で肌寒い。

01 

ベトナム航空の旅客機は、国内便 ? と思うほど小さい。
これで6時間のフライト、大丈夫か? (^^;

VN303便はほぽ定刻に、一路ホーチミン市に向けて飛び立った。

02 

機内食は"Western style"を選択。お酒はシャンパン。
お味は…ま、こんなものかな。

03 

タンソン・ニャット空港にほぼ定刻に到着。
滑走路からバスでターミナルへ。

外の空気が暑い!!
ホーチミンは雨季に入る少し前で真夏 なのだ。

04 

空港の銀行で食費やおこずかいとして、3万円を現地通貨に両替える。
ベトナムの通貨は「ドン」だが、やけに桁が多い。

10,000ドンは約50円。 10万ドンで500円。 50万ドンで2,500円。
00を2つ取って、2で割れば日本円に換算される。
うーん、算数の苦手なtakeは、旅の最後まで戸惑うのであった。


空港から市内ホテルまでは、ベトナム人の旅行社現地スタッフが送ってくれた。
スリがいるのでカバンは襷がけにし、生水、氷は口にしないこと、
生野菜も食べない方が無難…などの諸注意を教わる。
因みに、生水以外は口にしたが、とくに問題はなかった。


ホテルは3流(?)だが、市内で一番高級なドンコイ地区にあって、とても便利な立地。

05 


部屋に荷物を放り込んで、さっそく街に繰り出す。
聞いてはいたが、道路はオートバイの洪水だ。

横断歩道だろうと、赤信号だろうと、隙間があれば突っ込んでくる。
そしてやたらとクラクションを鳴らす。
でも、不思議と接触事故や喧嘩は起きない。
ベトナム人は類まれなる運動神経を有しているようだ。

06 

07 

サイゴン川に続く何本かの目抜き通りとその路地を、Tシャツ姿で歩き回る。
もう夕方近くなので、日陰に入れば、それほどの暑さは感じない。
東京の夏の方が蒸し暑いと思う。

08 

09 

通りを歩いていて目につくのは、天秤棒を担いだ行商の人たちだ。

10 

この人たちは、東京で言えば銀座の真ん中で行商をしているのと同じだ。
有名ブランドの店の前で、果物や飲み物などを売っている。

11 

初めのうちは奇異に感じたが、時の経過とともに気にならなくなってくる。

12 

このほか、男女問わず歩道で食事をしていたり、仕事もせずにぼーっとしている男たちを見かけた。 
総じてベトナムの男たちは仕事嫌いのようだ。

13 


市民劇場と地下鉄工事

14 

市民劇場のある通りでは地下鉄工事が行われていた。 資金は日本のODAだ。
これが完成したら、少しはオートバイの洪水は緩和されるのだろうか。

15 


ホンダのバイクとアオザイの女子高生 ?
アオザイ姿の女性は予想していたより、とても少なかった。
日本の和服と同じかなあ。

16 

17 

続く


[ 2017/04/21 19:58 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)

近所の一本桜 & 八重桜


(2017.4.6, 16撮影)

ベトナムに旅立つ前に、満開の桜を見たい…
でも旅行のカバンも整えなくちゃ。
そうだ、近所のお寺に一本だけの大きな桜があったじゃないか !


そして、きょう、あまりの天気のよさに、花粉症を案じつつも
八重桜が咲いているか近所の並木に見に行きました。
3分咲きといった感じだったけれど、咲いているところを切り撮ってきました、


続けてご覧ください。

( ベトナムの記事は、膨大な写真を前に手に付きません(笑)
 出来るだけ早くアップしたいのですが… )


近所のお寺の桜 (4.6撮影)

03 

05 

07 

09 

14 

15 


近所の八重桜など (4.16撮影)

1 

5 

3 

4 

6 

8 

9

10

12


[ 2017/04/16 17:25 ] 植物・動物 | TB(-) | CM(-)

澤田志功・木彫展 (2017)


(2017.3.25撮影)

銀座のギャラリー「アートもりもと」で3月23日~4月1日まで開催されていた
「澤田志功展 chain reaction」にお邪魔しました。

01 

02 


澤田志功先生は、
渋谷区代々木にある文化学園大学・造形学部の教授をされています。
(プロフィールは最下段↓に掲載)

03 

澤田志功先生は、擬人化した動物をモチーフとした寄木造りの木彫作品を
中心に作品を発表されています。

04 

テーマは、動物や人間の異形の姿を通して「生」と「死」をみつめ、命の本質をさぐる。
幻想的で文学性、宗教性も感じる世界観です。(takeの個人的解釈)

05 

今回は「chain reaction=連鎖反応」をキーワードに新作10点の展示となりました。
様々な命が絡みあい、時間の流れと共に変化を遂げて行く…連鎖反応。

06 

目をくりぬいて「虚」にしているのが特徴。
眼が 無い事により、より深い表情となり、鑑賞者の想像力を掻き立てます。

07 

08 

09 

10 

11 

12 

13 


プロフィール

澤田志功 (さわだ・しこう)

文化学園大学
造形学部 デザイン・造形学科 教授


1965 東京都に生まれる
1990 東京芸術大学美術学部彫刻科卒業。同大学院美術研究科修了
現在 文化学園大学 造形学部教授

受賞
 1998 埼玉県美術展(知事賞)
 1998 現代具象彫刻展(優秀賞)
 1999 富獄ビエンナーレ(佳作)
 2000 昭和会展(日動美術財団賞)
 2006 大分アジア彫刻展(大賞)
 2014 木彫フォークアートおおや(実行委員会特別賞)
 2016  養父市ふるさと賞(兵庫県知事賞)

主な個展
 銀座画廊、デパート(各地の高島屋巡回、松坂屋など)等

公共機関収蔵先
 千葉県立美術館
 笠間日動美術館
 群馬県庁
 岩手「牛の博物館」など

[ 2017/04/13 22:49 ] その他 | TB(-) | CM(-)

ホーチミンに行ってきます

4月7日~11日まで、
夏真っ盛りのベトナムのホーチミンに遊びに行ってきます。
しばらく更新はお休みします。

初めてのベトナム。フリープランで飛行機とホテルのみの予約。
探検隊員のMくんと喧騒にあふれたサイゴンの街を歩きます。
オプショナルツアーでメコンデルタにも行くつもりです。

(参考写真)

1 
[ 2017/04/05 14:09 ] 旅行 | TB(-) | CM(-)

石神井川の桜 (2017.4.2)

(2017.4.2撮影)

さっき撮ってきた「石神井川」の桜です。

昨日まで寒かったので、
日向は8分咲き、日陰は2分咲き。

コンデジでの散歩写真ですが、ご覧ください。

01 

02 

93

04

05

06

07

08

09

10

[ 2017/04/02 18:35 ] 植物・動物 | TB(-) | CM(-)

銀座日和


(2017.3.25撮影)

知人との待ち合わせで、久し振りに銀座に行きました。
少し早めに出て、例により銀ブラ。

ペニンシュラ・ホテルで挙式・披露宴… だと思う
なんてセレブなんでしょう

01 

ちっともフォトジェニックじゃないのに、必ず撮ってしまう

02

改修された数寄屋橋公園から見える景色

03

ブランド志向ではないのに(買えないだけかも)、なんかお洒落な気がして…

04

07 

だから何?! という一枚

05

春休みなので子供も多かった
外人さんと一緒に? お疲れモード

06

いつもの「カフェ・パウリスタ」の2階にて

08

むかし、娘が好きだったなあ、セーラームーン
「天に代わって お仕置きよ !」
 (因みにtakeは、優しくて頭脳明晰な セーラーマーキュリーが好き)

09

ソニービルに「SEE YOU 2018 !」の文字

10

ソニービルは、この3月末に営業を終えて取り壊し、2018年夏に公園や
イベントスペースとして使える「銀座ソニーパーク」になる。
その後、新ソニービルは2022年秋に完成する予定。



[ 2017/03/30 10:01 ] まち歩き | TB(-) | CM(-)